ソリューション | 「中部横断不動沢地区改良工事」施工現場における労働生産性の向上を図る技術の試行業務

menu
官民研究開発投資拡大プログラム:PRISM関連事業
「中部横断不動沢地区改良工事」施工現場における労働生産性の向上を図る技術の試行業務
ページのトップへ戻る
ソリューション
従来技術との比較
測位方法 GPS等位置情報 マルチGNSS端末
データ取得方法 モバイル端末は、補助GPS(A-GPS)を用いる。
端末がどこの携帯電話基地局と通話しているかでおおよその位置を絞り込み、そこから測位可能な衛星の測位情報を端末に送付する。
衛星補正データを直接受信し、全出力する。
非常に細かな測位情報を得られ、解析等に利用価値が高いデータが得られる。
トラッキング精度
  • トラッキング精度は、測定箇所によって、数十メートル程度の誤差が発生する可能性がある。
  • 補正方法等が既に確立されているため、見やすい。
  • 大まかな位置を知る程度の用途であれば、充分に使用に耐えうる。
  • 衛星全データを取得できるため、トラッキング数は多く、その精度はメーカー想定値では±1.2~1.8mと非常に高い。
  • 生データの羅列になり、現段階では何らかの方法で見やすいデータに加工する必要がある。(検証対象)
  • 得られた情報から、より詳細な解析を行うことができるため、解析結果が実現場でどのように使用できるか検証する。
GPS等位置情報トラッキング精度の図
マルチGNSS端末のトラッキング精度図
データ取得方法
GPS等位置情報 モバイル端末は、補助GPS(A-GPS)を用いる。
端末がどこの携帯電話基地局と通話しているかでおおよその位置を絞り込み、そこから測位可能な衛星の測位情報を端末に送付する。
マルチGNSS端末 衛星補正データを直接受信し、全出力する。 非常に細かな測位情報を得られ、解析等に利用価値が高いデータが得られる。
トラッキング精度
GPS等位置情報
  • トラッキング精度は、測定箇所によって、数十メートル程度の誤差が発生する可能性がある。
  • 補正方法等が既に確立されているため、見やすい。
  • 大まかな位置を知る程度の用途であれば、充分に使用に耐えうる。
GPS等位置情報トラッキング精度の図
マルチGNSS端末
  • 衛星全データを取得できるため、トラッキング数は多く、その精度はメーカー想定値では±1.2~1.8mと非常に高い。
  • 生データの羅列になり、現段階では何らかの方法で見やすいデータに加工する必要がある。(検証対象)
  • 得られた情報から、より詳細な解析を行うことができるため、解析結果が実現場でどのように使用できるか検証する。
マルチGNSS端末のトラッキング精度図
Copyright © 第一電子株式会社 ALL Right Reserved.